食事

腎臓病は食事療法で治せ|健康をこの手に収める

毒素を排出する臓器

男の人

腎臓は、塩分や毒素を濾過する働きや、骨や血液を作る働きなどの重要な役割を担っています。しかし、腎臓病になると、働きが弱くなるため、むくみや貧血倦怠感などを起こしやすくなるのです。ですので、腎臓病にならないためにも食事療法を取り入れて日頃の食事に気をつけることが重要です。

詳細

楽しく食べつつ病を治そう

和食

だしをきかせる

腎臓病への対処の一つとして食事療法が挙げられます。しかし、「おいしくない」「量が満足できない」といった不満は食事療法につきものです。その結果長続きしなかったりストレスを溜め込んでしまっては意味がありません。ではどうすれば腎臓病をケアしつつおいしく食べる食事療法ができるのかと言いますと、だしをきかせることです。鰹節や鶏ガラといった動物性のだしや、椎茸やわかめといった植物性のだしを使って旨味を出すことにより、塩などの調味料を減らしつつおいしく食べることができます。また、動物性のだしと植物性のだしを合わせることでさらに旨味成分が増加するためおすすめです。また、調理方法によって摂取したくない成分を除去することも可能です。例えばほうれん草などに含まれるカリウムは腎臓病の方は多く摂取しない方がよいのですが、茹でることで大きく減らすことができます。

宅配サービスも人気

自分で調理することを前提にここまでお話してきましたが、料理が苦手であったり、あるいはできない方もいらっしゃるでしょう。そこで、そういう方々に人気の食事宅配サービスがあります。腎臓病であれば、それに対応した食事を定額で毎日届けてくれます。食事療法として考えられた料理なので身体への心配はいりませんし、それでも不安でしたら医師からおすすめされた業者を選ぶとよいでしょう。また、味や量などに関しても精神的に無理なくずっと続けられるように考えられており、利用者の満足度は高いです。食事の際に量や栄養バランスを気にする必要がなく、毎日の献立を考える手間もないので、こういった宅配サービスはとても人気を博しています。

腎臓と食事の関係

食事

腎臓病になると、排泄する負担が大きくなってしまい、様々な症状が現れます。しかし、しっかり食事療法を守る事で腎不全の進行を遅らせる事が出来ます。出来る食事療法から行いましょう。

詳細

カロリーをコントロール

老夫婦

カロリーや塩分濃度を制限する必要のある食事療法は、腎臓病患者にピッタリです。自分で食事を作ることもできますが、細かな作業が続くので負担に感じてしまうことがあるかもしれません。そんなときは業者に作ってもらうことも検討しましょう。

詳細